投稿者: NakashimaTakeshi

シェリー酒などの価格改定

人気急上昇中のシェリー酒ですが、2023年10月1日より輸入元の価格改定でご納品価格の変更をお知らせします。

大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

まだチ○○ノをお使いですか?ちょっといいベルモットをお薦めします!

某輸入元に見つかったら怒られちゃいそうなタイトルですが、現在世界各国からベルモットが入荷しております。珍しいものではスペイン産のシェリーベースのベルモットやポルトガル産のマデイラベースのベルモット迄。
たまにはチョット良いベルモットはいかがでしょうか?

イタリア産ベルモット

マンチーノ・ヴェルモット セコ
アルコール度数:18%
容量:750ml
販売価格:3,740【税込】
世界的に有名なイタリア人バーテンダー:ジャンカルロ・マンチーノが2011年に自ら作ったのがマンチーノ・ベルモット。セコは19種類のボタニカルを使用したドライ・ヴェルモット。

マンチーノ・ヴェルモット ビアンコ
アルコール度数:16%
容量:750ml
販売価格:3,740【税込】
37種類のボタニカルを使用、深みのある黄色。

マンチーノ・ヴェルモット ロッソ
アルコール度数:16%
容量:750ml
販売価格:3,740【税込】
38種類のボタニカルを使用、輝きのあるダークレッド。

コッキ アメリカーノ・ビアンコ ヴィーノ・アロマティッツァー
アルコール度数:16.5%
容量:750ml
販売価格:3,718【税込】
ジュリオ・コッキ氏のオリジナルレシピに基づき、白ワインに数種のハーブとスパイスを漬け込んだチョット甘口の食前酒。

コッキ ヴェルモット・ディ・トリノ
アルコール度数:16%
容量:750ml
販売価格:3,718【税込】
1891年の創業者のレシピを元に再現されたベルモット。アスティ・スプマンテのブドウ品種であるモスカート種のワインをベースに、数種のハーブ、スパイスを漬け込んだ甘口食前酒。

フランス産ベルモット

ベルモット ルータン ドライ
アルコール度数:16.9%
容量:750ml
販売価格:2,145【税込】
数十種類の植物とスパイスに、ジャケールワインが絶妙なブレンドで溶け込んでいます。

ベルモット ルータン ブラン
アルコール度数:16.9%
容量:750ml
販売価格:2,145【税込】
18種類の植物とスパイスをシャンベリー地方特産のワインに4週間漬け込み、ソーヴィニヨンブランを加えて仕上げました。

ベルモット ルータン ルージュ
アルコール度数:16.9%
容量:750ml
販売価格:2,145【税込】
シャンベリー地方特産のワインに24種類のハーブとスパイスを4週間漬け込み、その後オーク材のワイン樽で6か月休ませた風味豊かなベルモットです。

スペイン産ベルモット

ベルモット ルスタウ ブランコ
アルコール度数:15%
容量:750ml
販売価格:2,805【税込】
ベースのシェリーはフィノ(ナッツの風味、フレッシュさ)とモスカテル(甘味、フローラルな風味)。
ニガヨモギの特徴的な苦みを、モスカテルの優しい甘みが包みこみ、苦みと甘みが見事に調和している。
飲み過ぎ注意!

ベルモット ルスタウ ロホ
アルコール度数:15%
容量:750ml
販売価格:2,805【税込】
アモンティリャードとペドロ・ヒメネスのシェリーに、メインのボタニカル5種類、サブのボタニカル5種類と計10種類を別々に漬け込み、それぞれの風味を最大限に抽出。ブレンド後6か月熟成させて風味を十分に調和させてから出荷。

ベルモット ルスタウ ロゼ
アルコール度数:15%
容量:750ml
販売価格:2,805【税込】
ベースのシェリーはフィノ、モスカテル、ティンティージャ・デ・ロタ。ハーブの様々なニュアンスが複雑に折り重なったフローラルなアロマ。口当たりはとてもなめらか。

ポルトガル産ベルモット

ウィリアムヒントン ヴェルモット ムート
アルコール度数:14.5%
容量:750ml
販売価格:2,970【税込】
バーベイトのマデイラミディアム・スイートをベースにしたヴェルモット。口に含むとマデイラワインを思わせる甘さと酸が感じられ、後味に残る若干の苦みが複雑味を与えている。トニックウォーター割りも美味ですが、冷やしてストレートがオススメです。

.

.

↓ 送料等ショッピングガイド ↓

ザ・グレンリベット シングルカスク スペシャルテイスティング

新宿ウイスキー・サロンの静谷和典氏をお招きしてのテイスティング対談です。

お相手は「シーバスブラザーズ社のスコッチウイスキーブランドアンバサダー」のサイモン・ダーヴェニーザ氏と

中島です。

まずは「ザ・グレンリベット」について

「ザ・グレンリベット」は、シングルモルトスコッチウイスキーの聖地、スコットランドのスペイサイド 地方 にある リベット渓谷で、1824年に英国政府公認蒸留所の第一号となり、“はじまりの シングルモルト ”として、スペイサイドウイスキーの代名詞であるフルーティでフローラルなスタイルの礎を築きあげました。
その高い評判から多くの模倣者たちが現れ、グレンリベットの名を語っていました。その模倣者たちと一線を画すために、1884年、創始者ジョージ・スミスのウイスキーだけが THEという定冠詞を付けて 「ザ・グレンリベット」と名乗ることを正式に許可され、今日までその唯一無二の味わいを守り続けています。
「ザ・グレンリベット」は、創始者ジョージ・スミスが培った技術と精神を継承しつつも革新を続け、その進化の歩みを止めることはありません。

「ザ・グレンリベット シングルカスク」とは

“シングルカスク”とは、一つの樽のみから瓶詰めされる希少価値の高いウイスキーです。 2016年から登場した日本限定シングルカスクは、日本のモルトファンの方々から毎年好評をいただき、2023年も日本のために特別に選定されたアメリカンオーク樽熟成の商品が販売されます。『ザ・グレンリベット シングルカスク 2023 (#18103) 20年』は、日本国内発売品としてはシリーズ第10弾となる長期熟成の商品です。ザ・グレンリベット蒸留所に貯蔵されている膨大な数の長期熟成樽の中から、特別で希少な20年熟成のアメリカンオーク樽がエキスパート達によって選び出されました。その原酒をカスクストレングス(加水調整せず、樽からそのまま瓶詰め)でボトリングし、あえて冷却濾過を行わないノン・チルフィルタード製法で、本来のフレーバーを生かした豊かな味わいに仕上がっています。

「2023年6月5日日本国内発売開始 数量限定品」

「ザ・グレンリベット シングルカスク2023 20年」

アルコール度数 59.3%

容量 700ml

税込価格¥42,900


静谷さん、:まさに王道のスペイサイド、もぎたてのフルーツのパレードのように感じる。桃、梨、リンゴ、グレープフルーツ、マスカットのブドウ感などが次々に現れる。その中に麦のモルト感も感じられ、奥にスパイシー感、特にコリアンダーシードのような香りも感じる。春や夏の草花のような香り、グラッシーさとフローラルを感じられる。


一同共通:フレッシュ感とはつらつとした清涼感が際立つので、春や夏の草花のような香り、グラッシーさとフローラルを感じるので、まさにこれからの季節、初夏にぴったりと思う。はっさくのような柑橘感も感じられていたが、後になるとバーボンバレルでありながら白ブドウのソービニヨンブランぽさが感じられる。どこかワインぽさがありブドウ品種でいうとソービニョンブランは良く思いついたと一同納得。
静谷さんの咲グラスは、アルコール感をとても抑えられて口当たりがよく、あたかも加水しているかのように感じる。香りを拾いやすく口に入れた瞬間「クッション」のような柔らかさがあるので、味をとても拾いやすい。通常のテイスティンググラスに比べて違いが顕著なので今回のようなシングルカスクの年数違いのテイスティングにはとても良いと感じた。(次に新たに制作を進めているグラスは、逆にストレート系でお酒の味わいをガツンとダイレクトに伝わる形状で考えている。個性の強いスモーキーなアイラモルトやバーボンを味わうとき向いているので完成を楽しみにしていてもらいたい。)
今回のテイスティングの3アイテムの中でもっともフルーティーさを感じられる。

「ザ・グレンリベット シングルカスク2022 24年」



アルコール度数 54.1%

容量 700ml

税込価格¥49,280


とても変化が激しいという印象。クリーミー且つ穏やかで香りがストンッっと落ちる感じ。落ち着きがある。バーボンバレルで20YOとの違いが明確で全く異なる。クレームブリュレなどの焼き菓子、そして少しホワイトチョコレートのような味わいも感じる。そこに若干の青々しさ、初草感も感じる。クリーミーであるが緑がかっているイメージで、色で言うと黄緑というのがピッタリかな。
今回のテイスティングの3アイテムの中でもっともクリーミーで丸みを感じられる。Mild, Malty & Creamy


「ザ・グレンリベット シングルカスク2022 26年」

アルコール度数 44.3%

容量 700ml

税込価格¥53,790


静谷さん:古酒感と熟成感が強く、木の葉や木枯らし、乾燥した木材まさに樽感などアッシーさが感じられるので、秋冬にぴったりな印象。バーボンバレルでありながらシェリー樽のようなカカオパウダーとドライな中にフルーツを混ぜたヨーグルトのような酸味(サワー感)、発酵茶葉のようなものとのバランスがよい。全体的に気品に溢れていてエレガント。度数が低いので味が拾いやすく舌でキャッチしやすい。

全員共通:かりん、はちみつも感じるが、飲み進めるうちにどんどん味わいが変化してくるので、正直なところ、複雑で一言では形容しがたい。
静谷さん:テイスティングでも本能的に好きなものが減っていくが、20年は爽やかだからすぐに飲んでしまったが、26年も度数が低いということもありすぐに飲み干した。


全員:確かに。飲み干した。タンニン感、心地よい苦みがあってヘーゼルナッツ感、それと炒ったピーナッツが感じられて、今回のテイスティングの3アイテムの中でもっとナッティ感が顕著だ。


『2016年ザ・グレンリベットベストアンバサダー 静谷和典氏』

1985 年、栃木県生まれ。新宿三丁目「BAR LIVET」「BAR 新宿ウイスキーサロン」オーナーバーテンダー。ウイスキーベースのカクテルの開発・普及も目指す。 スコットランドにて、2016年ザ・グレンリベットベストアンバサダーを受賞。 ウイスキー文化研究所が主宰する知識、鑑定能力を問う資格認定制度の最難関「マスター・ オブ・ウイスキー」を取得しており、雑誌『Whisky Galore』のテイスターとしても活動中。 2022 年秋には、ウイスキーをストレートで愉しむためのグラス「ウイスキーグラス 咲」 を開発。「バーテンダーしずたにえん」として、TikTok や YouTube、 Instagram等SNS 総フォロワー数は60万人以上。幅広く活躍する。

<新宿ウイスキーサロン>

詳細は⇒

東京都新宿区新宿3-12-1 佐藤ビル佐藤ビル 3 階階 Tel: 03-3353-5888

BIG PEATと缶つま

軽くスモークを付けた缶つまとアイラ・ブレンデッド・モルトのペアリングです。そしてミニチュア(50ml)のセットも作成しました。

貝柱の旨味しっかり味わえます

食べ応えあって好きです。

このペアリングが好きなスタッフ多かったです。

これ好き、アモンティリャードにも合いますね。

これも好きな奴、スモーク鮭ハラスの歯応えとピート合いますね。

この旨味は後を引きます。

うずら卵の大きさがミソです。

シェリー酒ペアリング第2弾

缶つまシリーズ増えました。缶つまクリックしてください。

今回のシェリー酒はルスタウのフィノ・デル・プエルトとBBRアモンティリャードです。

          詳細はこちら

          詳細はこちら

        

フィノ・デル・プエルトに合わせたのは貝柱、さば、たらこ、鮭ハラス、たこ(全てsmokeされていますが軽いsmokeです)。一番人気はたらこでした。私はさばと鮭ハラスがお気に入りです。

缶つま凄いですね、他の貝柱もたこもGOODです。

BBRアモンティリャードの合わせたのがうずら卵と豚タンです。これは豚タンの味に参ったですね

シェリー酒、やっぱり好きです。

缶つまとシェリー

酒好き7人が集まり国分の缶つまとシェリーのペアリングをしました。そこで自由に点数を付けた合計のワン、ツー、スリーご紹介します。

試したシェリーは缶つまとのペアリングなのでペマルティンです。

ペアリングした缶つまはこちらです

ペマルティン・フィノの順位(左から高順位)

ペマルティン・アモンティリャードの順位(左から高順位)

ペマルティン・オロロソの順位(左から高順位)

今回は厚切りベーコンがぶっちぎりのトップでした。缶つまはまだ数十種類ありますのでまたペアリングをしてみます。またご報告します。

ドーバー和酒シリーズ『生姜』

この生姜リキュール使えますね!バーテンダーの方へお願いしてみたら美味しいカクテルたくさん作って頂けました。簡単にソーダわりからコアントローの代わりにと幅広く使えます。皆様も是非お試しください。

ドーバー和酒 生姜

アルコール度数 25% 容量 700ml

税込価格 ¥1,650

生姜は、その辛味の持つ成分、ジンゲロン、ショウガオールなどによって古くから薬用として用いられ、また、和食などの香辛料としても用いられてきました。生姜本来の辛味と芳香の調和をお楽しみ頂ける、日本初のジンジャー リキュールです。

イースモアクリーム       
生姜リキュール                15㏄

カカオリキュール            30㏄

フランジェリコ                15㏄

生クリーム                       30㏄

卵黄

ジンジャーコーラ           
生姜リキュール                50㏄

伊良コーラ                       50㏄

オレンジピール

カンパリジンジャー       
カンパリ                     40㏄

生姜リキュール         10~15㏄

炭酸                                   適量

レモン                               1/6

レモンピール

コカゲジンジャー         
生姜リキュール                40㏄

フランジェリコ                15㏄

グループフルーツジュース           15㏄

塩                                      少々

コペンハーゲン               
アクアビット                    40㏄

マンダリン                       10㏄

生姜リキュール                10㏄

ライムジュース                20㏄

レッドバイキング           
アクアビット                    40㏄

マラスキーノ                    10㏄

生姜リキュール                10㏄

ライムジュース                20㏄

スプリングフィーリング
ドライジン                       40㏄

シャルトリューズヴェール           10㏄

生姜リキュール                10㏄

レモンジュース                20㏄

BAR blue ハイボール

レブヒート試しませんか?

レブヒートはシェリー酒のドライタイプ(フィノやマンサニージャ)に炭酸飲料を加えた飲み物です。現地では炭酸飲料は7UPが多いイメージです。シェリー酒1:炭酸飲料2くらいですね。お好みです、またミントの葉を入れるもレモンスライスを入れるも自由ですが、私は何も入れずに頂くのが好きです。真夏のレブヒートも良いですが今の時期も気持ちよく頂けます!

今回はマンサニージャのラ・ゴヤと三ツ矢サイダーです。7UP流通が無いので寂しかったのですが三ツ矢サイダーで試したら美味しかったのでお薦めします。

上の写真は閉鎖されたガスパル・フロリド社の当時の社長と畑です。

写真を見ていたら場所は少し離れますがサンルーカル・デ・パラメダの海岸で朝からカジョスをつまみにレブヒートを飲んだことを思い出しました。

sherry club様シェリーの飲み方引用しました

ラ・ゴヤ1本に三ツ矢サイダー500mlペット1本進呈します。

容量 750ml アルコール度数 15%  税込価格¥2,145 

デルガド・スレタの主力商品。海風の影響を強く受けるサンルカール・デ・バラメーダ村のボデガで製造、熟成されるため、フィノに較べより繊細な香味の辛口に仕上がっていて、この地でつくられるフィノ・タイプは上記のDOを名乗ることができる。ぶどうはパロミノ種100%でアルコールは15%、他社のマンサニーリャの熟成が3年から4年なのに対し、ラ・ゴヤはその倍、7年から8年もの熟成を経ている。愉しむ温度は10度から12度前後が最適だが、空気に触れさせるとどんどんその香味が開いてくる。

マンサニージャ・フィノ最強のおつまみ第2弾

かっぱえびせん=まいばすけっとで小袋5個で100円くらいでした。マンサニージャ・フィノ両方にぴったり、やっぱり塩味ですね。

焼き鳥=これも塩ですね。想像していた通りマンサニージャ、フィノ両方にぴったり。色々な焼き鳥で試したくなります。

冷奴=これは大感動です。オリーブをかけて、そこに塩(岩塩がいいかも)だけ。これはマンサニージャですね。冷奴の美味しい時期に是非是非お試しください!

今回楽しませてくれたのが下記の2商品です。

<デルガドスレタ ラ・ゴヤ>

アルコール度数 15% 容量 750ml

税込価格 ¥2,145

海風の影響を強く受けるサンルカール・デ・バラメーダ村のボデガで製造、熟成されるため、フィノに較べより繊細な香味の辛口に仕上がっていて、この地でつくられるフィノ・タイプは上記のDOを名乗ることができる。ぶどうはパロミノ種100%でアルコールは15%、他社のマンサニーリャの熟成が3年から4年なのに対し、ラ・ゴヤはその倍、7年から8年もの熟成を経ている。愉しむ温度は10度から12度前後が最適だが、空気に触れさせるとどんどんその香味が開いてくる。

<ペマルティン フィノ>

アルコール度数 15% 容量 750ml

税込価格 ¥1,485

淡い麦わら色でアーモンドに似た香りです。すっきりと、きわめてドライな味わいです。オーク樽で3年以上熟成しています。天ぷら、魚介のパスタ、生ハム、イベリコ豚のソテーが合います

© 2024 MUSASHIYA