☆ フランシス・ブラール ☆

☆ フランシス・ブラール ☆

【シャンパーニュ最北畑でビオディナミを実践

モンターニュ・ド・ランスの最北に位地する畑で造られるシャンパーニュ。直線的な酸とミネラル。ビオディナミの導入 で強くなった葡萄樹から生まれる葡萄はエキス分が濃く、アフターに旨味を残す。

2009年に設立された新しい造り手、フランシス・ブラール。6世代続いた老舗、レイモン・ブラールからフランシスが抜けて独立した小さな造り手です。
シャンパーニュでは珍しい100%ビオディナミ。若い造り手ながらフランス国内では入手困難なシャンパーニュです。北東斜面の畑は遅い収穫でも酸度を失わないのでワイン的な美味しさがあります。

1970年代のフランスは農業の効率化の為、政府主導で農薬、除草剤、防虫剤が推進されていた時代でした。1996年、農薬が10年以上も土壌に残存し、生態系を崩している事を知り困惑。ルドルフ・シュタイナー理論を知り、ビオディナミについて学び始めます。
以前は2人の兄弟と共に3人で「レイモン・ブラール」の名前でワインを造っていた。しかし、方向性の違いから2009年にドメーヌを分割。現在3人が個々にドメーヌを立ち上げます。分割の最も大きな原因はビオディナミ導入に対する考え方の違いでした。
兄弟や親はビオディナミには反対なので、30ha中の1haのみ無農薬での栽培を開始し、経過を観察。3年連続で無農薬の葡萄から造ったワインの表現力の高さに気付きます。それでも兄弟は反対。病気には手作業で対処するので畑仕事は3倍に増え、病気の影響で収量は減るのだから、あの時代にビオディナミを理解する事は不可能だったとのちの語っています。
兄弟と決別し、フランシスは奥さん、娘、デルフィーヌと共に3.3haの畑を買い取り、フランシス・ブラールとして独立しました。フランシスは娘のデルフィーヌと共に更にビオディナミを追求しています。ブノワ・ライエやマルゲに学び、彼等が助けてくれて畑をビオディナミに変更。娘のデルフィーヌが葡萄畑を担当し、2012年には全ての畑がビオディナミへと転換が終了しました。

ビオディナミに最初に転換が完了したのはドメーヌに近いサン・ティエリー区画。除草剤の使用を止め、畝間(うねま)には雑草を生やし、年に数回馬による耕作を行っています。サン・ティエリーの畑は土壌の色が砂地ながら明らかに周囲よりも黒味を帯びている。これは以前よりも土中の微生物や苔類か増えて自然のサイクルが完成し土が生き返った証拠であると話しています。
現在は娘のデルフィーヌが中心となり、ヴァレ・ド・ ラ・マルヌの畑でもビオディナミの転換を進めている。いまだにビオディナミの畑はシャンパーニュでは希少。ヴァレ・ド・ラ・マルヌ全体ノ400haの畑の内3.2haが有機認証を得ているが、その内1.2haがフランシスの畑と言うから驚きです。
シャンパーニュの全ての畑の内、僅か1%以下が有機認定された畑。2010年にシャンパーニュで制定された法律のお陰で、有機認証を受けた畑の周囲120mは農薬散布のヘリコプターも飛ぶ事が禁止されています。
2016年にフランシスは引退。現在は娘、デルフィーヌと夫によって運営されている。評価を高めており、2001年から一切の化学薬品は不使用。除草剤、ホルモン剤も使用しない。周囲には森を残し、生物多様性を守る。2004年からはエコセールに認定されました。

所有畑は3ヶ所に分かれます。モンターニュ・ド・ランスのサン・ティエリーに1.6ha、マイイ(グラン・クリュ)に0.5ha。更に家族の起源である畑をヴァレ・ド・ラ・マルヌに1.2ha所有。チョーク質の強いマイイ。粘士が強く太陽の影響を強く受けるヴァレ・ド・ラ・マルヌにはムニエ。サン・ティエリーはシャンパーニュ最北の畑で粘土石灰に砂質が混じります。
そしてビオディナミの効果は大きく、葡萄は成熟すると圧倒的な表現力を持つように変化しました。これを受けてデルフィーヌは、より完熟を求めるようになっています。収穫は他の造り手よりも2週間程度遅く、出来る限り完熟させる事でシャンパーニュはワイン的で旨味を持ち、重くないのに旨味、深みがあるのが特徴です。
葡萄は全て区画毎・品種毎に分けて古小樽で発酵・熟成。葡萄に力があるので樽による微量の空気との接触がワインを育ててくれるし、樽毎の個性をアッサンブラージュすることで複雑さを得ると語っています。熟度が上がるのを待って収穫された葡萄は全て木樽で発酵・熟成され、使用するのは205Lのシャンパーニュ樽や、228Lのブルゴーニュ樽、20hl(=2000L)のフードル樽まで容量の異なる5種類の樽で行われます。
5~12年の古樽のみで新樽は使わず、フードルやボルドー樽の使用は保守的なシャンパーニュでは珍しいです。樽材の厚さによる使い分けも重要でボルドー樽は樽材が薄く、酸化が早く進むため、しっかりとしたシャルドネを熟成させることで成熟した味わいになる。ブルゴーニュ樽は厚みがあるので、ゆっくり酸化が進む。繊細な畑のピノ・ノワールに合うのです。
引き締まったボディに冷涼地の細かなミネラルの要素。味わいの後半は葡萄本来の強さから出てくる旨味。シャンパーニュ好きの為のシャンパーニュなのです!

フランシス・ブラール レ・ミュルジェ NV

※商品詳細、ご購入はこちらからお願い致します。

© 2024 MUSASHIYA