優良自然派ワインインポーター「ラシーヌ」から限定ワイン3種類の入荷です。シンプルなラベルがそそります。ナチュールワイン好き必見です!

優良自然派ワインインポーター「ラシーヌ」から限定ワイン3種類の入荷です。シンプルなラベルがそそります。ナチュールワイン好き必見です!

今を遡ること20年以上前、1996年にビオロジック栽培と、醸造時亜硫酸塩無添加醸造を開始し、今や堂々ヴァン・ナチュールの重鎮と畏敬される生産者。ドメーヌを運営するのはティエリーとジャン=マリのピュズラ兄弟。その家系は15世紀からモンティの地に続き、クロ・デュ・チュ=ブッフを所有。このクリュは、16世紀には国王フランソワⅠ世と王女クロードが、特に入念に管理したという記録が残る由緒ある畑である。畑には施肥も数年に一度にとどめ、40hl/haを上限とする低収穫を徹底亜硫酸塩添加もゼロ、もしくは瓶詰め時のみ15ml/lを上限とする。そのワインは、若いうちから気取らず近づきやすいが、熟成を経て次々に現れる味わいは、“驚異のピュズラ・ワールド”との讃辞を浴びる。2010以降のヴィンテージではさらに心機一転し、しっかりとした格調と気品、みずみずしさと緊張感を、ドメーヌものだけでなくネゴシアン・ワインにさえ表現する境地へ到達している。2014年にはそのネゴシアンを2009年よりともに運営してきたピエール・オリヴィエ・ボノムに譲った。
この頃からイタリア、スペイン、ジョージアの友人の造り手たちのワインを、フランスへと輸入することも始めた。2019年には兄のジャン=マリが引退し、ティエリーの娘ゾエが父に協力している。

ティエリー・ピュズラは自分たちの目指すワインは気軽に飲める事と言っています。自然な味わいがあって、生き生きとしている。比較的低価格で飲みやすい味わいながら、熟成とともに現れる新しい世界があり、瓶詰め後半年を経て「変態」し、驚異のピュズラ・ワールドが広がります!

※クロ・デュ・チュ=ブッフはラシーヌの専売となっております。

VDF.ヴァン・ルージュ 2022 ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ

※商品詳細、ご注文はこちらからお願い致します。

VDF.ヴァン・ブラン 2022 ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ

※商品詳細、ご注文はこちらからお願い致します。

VDF.ヴァン・ロゼ 2022 ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ

※商品詳細、ご注文はこちらからお願い致します。

© 2024 MUSASHIYA