ドミニク・ローラン4種のワインがお手頃価格で入荷!

ドミニク・ローラン4種のワインがお手頃価格で入荷!

元・パティシエという珍しい経歴を持った当主によって、1989年にネゴシアンとしてワイン界に参入したのが「ドミニク・ローラン」です。
栽培業者から買い取ったワインを自社にて樽で熟成するのですが、この樽使いが評判を呼び90年代から注目を浴びるようになりました。
多くのワインを全房発酵(ぶどうを房ごと仕込む伝統的な発酵方法)で造っています。全房発酵することによって骨格のあるワインに仕上がります。古木のぶどうだからこそ良さを発揮する醸造法です。
 
そしてドミニク・ローランに常についてまわる「新樽200%」という言葉。もはやご説明する必要もないかと思われますが、この「新樽200%」とは、100%新樽に入ったワインを購入し、それを自らのセラーで再度100%新樽に移して熟成させることから付いた名前ということです。
しかも、今ではこの樽は製造過程からドミニク・ローランが自社の工房で手掛けており、そのポテンシャルの高さから「魔法の樽」や「マジックカスク」として知られているとのこと。その樽は、オーク材の中でも最高級のトロンセの森のオーク材を使用しています。しかも高級家具に使うような樹齢の高い樹を使用することによって素晴らしい熟成をすることができます。
しかし今は新樽200%には全くこだわらず、2000年前後を境にドミニク・ローランのスタイルが変わっており、キュヴェのポテンシャルに応じて2年目は古樽に移し変えるなど柔軟に対応しています。樽香はあくまで上品な形で表れており、澱と共に寝かされ、無清澄・無濾過で瓶詰めされる彼のワインは凝縮された果実味に溢れながら、妙な嫌味は感じられません。

そのスタンダードなブルゴーニュ・シャルドネと、クレマンの泡、ドミニク・ローランが納得した年にのみ造られるキュヴェ「ドゥ・リュクス」、平均樹齢50年のピノ・ノワール「キュヴェ・1926」の4種類が限定数量で入荷致しました。ぜひお早目のご注文をお待ちしております。

2017 ブルゴーニュ・シャルドネ     詳細 ご注文はこちらから

2013 ブルゴーニュ ヌーメロ・アン ドゥ・リュクス   詳細 ご注文はこちらから

2011 クレマン・ド・ブルゴーニュ ウルトラ・ブリュット   詳細 ご注文はこちらから

2014 ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・1926  詳細 ご注文はこちらから

※限定数量での入荷となりますので、完売の際はご了承ください。

© 2021 MUSASHIYA