今回のワインはもう手に入らなくなるワインや、久しぶりの再リリースワインもありで話題豊富ですが、ご案内できる本数が少なすぎて申し訳ありません!!

今回のワインはもう手に入らなくなるワインや、久しぶりの再リリースワインもありで話題豊富ですが、ご案内できる本数が少なすぎて申し訳ありません!!

【20年振りの再リリース!ソーヴィニヨン・ブラン】や【最期のヴィンテージ!カベルネ・ソーヴィニヨン2011】と話題性もばっちりなダリオ・プリンチッチ!!

今や自然派の代表格ダリオ・プリンチッチ。今ではワインは割当制になっているほど、世界的に爆発的な人気を博している注目の造り手です。
若い頃は近隣のレストランやホテルに、食材や、グラヴネル、ラディコンのワインを卸す仕事をしていたのでした。ワイン造りへの情熱をおさえられるわけもなく、1993年からワイン造りを開始。ダリオ・プリンチッチは今でこそ有名生産者ですが、20年前は全くの無名生産者でした。
人気の発端は2004年のナチュラル・ワインのイベント、「ヴィラ・ファヴォリータ」にて当時無名生産者のダリオ・プリンチッチによる長期間マセラシオンのオレンジワイン「ビアンコ・トレベツ」が人気を集め、今やフリウリを代表する造り手の一人にまで一躍登りつめたのです。

そして、ここ数年間は天候に恵まれてストレスなくワイン造りに専念できたダリオ・プリンチッチ。そして2人の息子が畑仕事に参加。醸造に関してもダリオを中心に皆でやるようになりました。
以前のダリオは若い畑の樹を使ったカジュアルワインで日本のみへ輸出されていました。その後、日本以外にも色々な国へ輸出されるようになりました。
ダリオのワインは世界で人気になり、ダリオの畑の平均樹齢が上がり良い状態になった為に、ワインの生産量は減り続け、日本への割り当ても極僅かになってしましました。そして中身も大きく変わりました。
残り物的な混ぜこぜワインではなく、品種個性をしっかり考え、この地方の伝統的なアッサンブラージュワインを目指しています。そして、ヴィンテージ毎にタンクに保管し、複数のヴィンテージをアッサンブラージュする事で美味しい状態を造り上げています。

説明が長くなってしまいましたが、今回ご案内のワインは凄いですよ!ワイン好きはもちろん、ナチュール好きは特に必見です!!

【今回ご案内ワインのラインアップ8種類です】

・ヴィノ・ロッソ 2022 ダリオ・プリンチッチ (日本への割り当て数:2000本)

・ヴィノ・ビアンコ 2022 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :2000本)

・リボッラ・ジャッラ 2019 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :120本)

・シヴィ=ピノ・グリージョ 2019 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :120本)

・ソーヴィニヨン・ブラン 2019 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :96本)

・ファヴォラ ビアンコ 2018 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :120本)

・カベルネ・ソーヴィニヨン セレツィオーネ 2011 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :60本)

・メルロー 2010 ダリオ・プリンチッチ ( 日本への割り当て数 :180本)

© 2024 MUSASHIYA